KeiganPiの基本的な使い方はこちらをご覧下さい。KeiganPi チュートリアル Node-RED

リモート操作ドリー

遠隔地にある2台のKeiganPiを中継サーバーを介して接続し、コントロールします。

接続構成

  • KeiganPiを2つ用意し、片方は操作側、もう片方はKeiganMotorと接続してドリーを操作する受信側とします。
  • お互いをMQTTサーバーと接続します 。
  • MQTTサーバーにはクラウドサービスのビーボットを使用します。

このデモに使用するフロー

※フローファイルはzip形式で圧縮されています、ダウンロード後解凍して使用して下さい。

ビーボットの設定

  • https://beebotte.com/ にアクセスし必要な情報を入力しアカウントを作成。作成したアカウントでログイン。
  • My ChannelsからCreate Newボタンを押して新規Channelを作成
  • 以下の赤ワクの部分のみ入力。
    Channel Nameに「nodeRedTwoWheeledCar」
    Resources Nameに「node_red_two_wheeled」

認証に必要なtokenを控える(後でNode-RED側で使用)

Channels > チャンネル名(nodeRedTwoWheeledCar) をクリック。
Channel Tokenの「token_XXXXXXXXXXX」をコピーして控えておく。

受信側の設定

  • 2台のKeiganMotorとモバイルバッテリーを用意し、USBTYPECポートに接続して給電。
  • KeiganPiとUSBハブを繋ぐ 。(※ keiganPiで複数のモーターを接続する場合の制限 )
  • USBハブと2台のKeiganMotorのUSBポートを接続。
  • KeiganPiを立ち上げ、WIFIかLANに接続しておく。
  • KeiganPiのNode-REDエディターから次のデモフローを読み込む。
    MQTTCar.json
  • 読み込んだフローを一旦デプロイ。

フローのUSBSelectorノード部分を自分のモーターに変更する。

MQTTノードの設定

Beebotte の CA 証明書をダウンロードし、MQTTノードに設定する。

先ほど控えたChannel Tokenの「token_XXXXXXXXXXX」をMQTTノードに設定する。

フローをデプロイしてMQTTノードとKeiganMotorノードに接続済みと表示されれば設定完了。

コントローラー側の設定

  • KeiganPiを立ち上げ、WIFIかLANに接続しておく。
  • KeiganPiのNode-REDエディターから次のデモフローを読み込む。

    MQTTCarController.json
  • 読み込んだフローを一旦デプロイ。

読み込んだフローをデプロイ後、ダッシュボードから以下の操作画面を表示する。
(ダッシュボードはhttp://[KeiganPiのIPアドレス]:1880/ui/ で表示できます)

ダッシュボードから操作すると受信側のモーターが動きます(動画)